プロフィール

Author:mltr5827
相互リンク等も随時受付中です。基本的にはアダルトサイトや公序良俗に反するサイトでなければ、受け付けたいと思います。希望する場合はコメント欄かmltr5827○yahoo.co.jpを@に変えてメールして下さい。メールする場合はデスクトップパソコン最前線相互リンク申し込みという件名で送ってくれれば幸いです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


ブログランキング


パソコンソフト関連リンク


リンク


By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 アップルは3日(現地時間)に、「iPad 2」(ホワイト/ブラックモデル)を発表しました。搭載OSはiOS 4.3で、日本発売は3月25日となっています。

主な変更点は大きく言って3つで、ボディのさらなる薄型化、プロセッサの高速化、そして2つのカメラの内蔵と言えるでしょう。

米国での価格は、Wi-Fi版16GBが499ドル(約4万1000円)、32GBモデルが599ドル(約4万9200円)、64GBモデルが699ドル(約5万7400円)、Wi-Fi + 3Gモデルの16GBが629ドル(約5万2000円)、32GBモデルが729ドル(約5万9800円)、64GBモデルが829ドル(約6万8000円)となっています。日本での価格は現時点では未公開で、アップルジャパンはiPad 2発売の通知を行なうメールへの登録を推奨しています。

まず、筐体のデザイン自体には変更はないものの、厚さが初代iPadの厚さ13.4mmから厚さ8.8mmとなっており、33%の薄型化に成功している他、重量も730g(Wi-Fiモデル)/680g(Wi-Fi+3Gモデル)から601g(Wi-Fiモデル)613g(Wi-Fi+3Gモデル)となり、 最大15%軽量化しているのも見逃せません。またカラーバリエーションも追加され、従来のブラックに加えてホワイトモデルも登場しています。

次に大きなトピックスと言える、プロセッサーについては、CPUがシングルコアのA4プロセッサーからデュアルコアのAppleA5(1GHz)に変更されており、初代iPadと比べて最大9倍のグラフィックスパフォーマンスの向上を果たしており、ネットサーフィン、 映画鑑賞、FaceTimeでのビデオ通話などはもちろんゲームのパフォーマンスアップが期待できます。

そして、初代iPadには搭載されていなかった、前面カメラと背面カメラを新たに搭載しています。前面カメラはVGA画質/最大30fps/オーディオ対応のビデオ撮影、静止画(VGA画質)の撮影に対応しており、背面カメラは、720p/最大30fps/オーディオ対応のHDビデオ撮影、静止画(5倍デジタルズーム)撮影に対応しています。

もちろん画面上をタップすることでビデオ/写真の露出を制御可能で、ジオタグ添付もiPhone 4と同様に可能です。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : iPad - ジャンル : コンピュータ

tag : アップル iPad2 スティーブ・ジョブズ

 アップルは3日(現地時間)に、米サンフランシスコで開催されたプレスイベント「Come see what 2011 willbe the year of.」(2011年が何の年になるか、見にきてください)にて噂になっていた、「iPad 2」(ホワイト/ブラックモデル)を発表した。搭載OSはiOS 4.3で、日本発売は3月25日となっています。

イベントでは、休養しているアップルのスティーブ・ジョブズが登壇して、「iPad 2」の魅力を紹介しました。

主な変更点は大きく言って3つで、ボディのさらなる薄型化、プロセッサの高速化、そして2つのカメラの内蔵と言えるでしょう。

米国での価格は、Wi-Fi版16GBが499ドル(約4万1000円)、32GBモデルが599ドル(約4万9200円)、64GBモデルが699ドル(約5万7400円)、Wi-Fi + 3Gモデルの16GBが629ドル(約5万2000円)、32GBモデルが729ドル(約5万9800円)、64GBモデルが829ドル(約6万8000円)となっています。日本での価格は現時点では未公開で、アップルジャパンはiPad 2発売の通知を行なうメールへの登録を推奨しています。


参考リンク: 厚さ8.8mm&重量601g! カメラ付き「iPad 2」は25日発売

アップル製品情報

テーマ : iPad - ジャンル : コンピュータ

tag : アップル iPad2 スティーブ・ジョブズ

 アップルは24日、インテルの"Sandy Bridge"世代のCore i7/i5シリーズを搭載した、MacBookProシリーズを発表しました。

筐体の基本的なデザインに変更はありませんが、搭載されるCPUやGPUさらには次世代規格の採用などで中身はまったく別物と言ってもいい構成になっています。

まず今回のアップデートの一番の目玉なのが、すべてのモデルでインテルの"Sandy Bridge"世代のCore i7/i5シリーズを採用しているという点でしょう。

同社が実施したテストでは、"Sandy Bridge"世代のCore i7/i5シリーズを採用したMacBook Pro、旧モデルのMacBook Proに比べて13インチモデルで3Dレンダリングが2.1倍、マルチプロセッサレンダリングが1.9倍、iPhotoなどの一般的なアプリケーションタスクが1.7倍のパフォーマンスアップ、15インチモデルで3Dレンダリングが2.2倍、マルチプロセッサレンダリングが2.0倍、Final Cut StudioなどのProResレンダリングが1.9倍、一般的なアプリケーションタスクが1.6倍にそれぞれパフォマンスアップしているとしています。

もちろん、Turbo Boost 2.0やハイパースレッディング・テクノロジーにも対応します。

もう1つの目玉と言えるのが、インテルがコードネーム「Light Peak」という名で呼んでいた、新インタフェイスの 「Thunderbolt」をいち早く導入しています。「Thunderbolt」は1コネクターにつき2つの双方向チャネルを備えており、 最大6デバイスの連結接続に対応(10Wの電源を周辺機器に供給)します。理論値の最大転送速度は10Gbpsで、アップルはFireWire 800(IEEE1394b)の12倍以上、USB 2.0の最大20倍高速としています。

またThunderboltは、対応周辺機器に加えてMini DisplayPort対応製品のディスプレイなどを直接接続でき、別売のアダプターを介することで、DisplayPort/VGA/DVI対応ディスプレイも接続可能です。さらにHDMIアダプターを使えばHDMI端子の付いたテレビなどと接続するといった事も可能になります。

15インチモデルと17インチモデルには、GPUに15インチモデルの下位モデルにはMC721J/AIntel HDGraphics 3000(CPU内蔵)と独立型のRadeon HD 6490M(256MB)、15インチモデルの上位モデルのMC723J/Aおよび17インチモデルのMC725J/AがIntel HD Graphics3000およびRadeon HD 6750M(1GB)を搭載しており、負荷状況やバッテリーの状態(ACアダプターに繋がっているかどうか)で自動的にGPUを切り替えます。先代のMacBookProのNVIDIA GeForce GT 330M搭載時に比べるとHalf Life 2 Episode2で3.1倍のパフォーマンスアップを果たしています。

続きを読む »

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

tag : アップル SandyBridge MacBookPro

 先日アップルスティーブ・ジョブズCEOの休養と2011年第1四半期(10~12月期)をほぼ同時に発表し、Mac、iPhone、iPadの販売台数と売上高、純利益がそれぞれ四半期として過去最高を記録しました。

しかし、ジョブズCEOの休養が発表されると、株価が一時的に下落し、アップルの将来が不安視されました。とはいえ販売台数や売上高・ 純利益などを見ると、ジョブズCEOが1年以上の長期療養に入ったとしてもその勢いが衰える事は当面なさそうです。

というのも、販売台数が過去最高を記録しただけではなく、アップルは将来への布石を着々と打っています。例えば、今回唯一販売台数が落ちたiPodは、台数ベースでは落ちたものの、モデルチェンジでiPod nanoを完全に音楽再生機に特化し、AppStoreのアプリケーションが楽しめるiPod touchをメイン据える戦略を打ち出していました。

よって台数ベースでは、台数は落ちましたが金額ベースでは高額商品に主役が移行した事で、実はiPodによる売り上げは1昨年と比べると、昨年は33億9100万ドルなのに対し今年は34億2500万ドルにわずかながら増えていたのです。

一般の消費者へは、AppStoreのアプリケーションが楽しめるiPod touchを音楽重視の人は、余計な機能を省いて徹底的にコストを削減した新iPod nanoや新iPod shuffleを提供するといった戦略にシフトしました。たしかに動画再生機能がiPod nanoから無くなったのは賛否がありましたが、動画や写真を撮ったり、鑑賞したりするにはiPodtouchがちょうどいいと判断したのでしょう。

もちろん、iPhone、iPadの勢いについては、あえて私が言うまでもないでしょう。

そして、アップルの原点と言えるMacも、かなり値の張るパソコンでありながらも前年同期比で23%増の413万台が出荷されました。 特にMacBook Proが好調で、ノート型Macの販売台数は前年同期比で34%増えており、2010年1月の発表会で、自らをモバイル・デバイスの会社と唄った通り、メインをデスクトップパソコンからノートパソコンにシフトしつつあるのが分かります。


参考リンク: 過去最高益とジョブズ氏の不在― ―Appleのこれから (1/3)

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

tag : アップル スティーブ・ジョブズ

 前日にスティーブ・ジョブズCEOの病気休養を発表した米アップルですが、今日18日(アメリカ現地時間)に2011年第1四半期(10~12月期)の決算を発表し、、iPhone、iPad、Macの売り上げが好調なのが寄与して、売上高が前年同期比71%増の267億4000万ドル、純利益は同78%増の60億ドル(1株当たり6.43ドル)となり、四半期ベースで過去最高の売上高、純利益となりました。

これは、同社が発表した見通し(売上高が約230億ドル、1株当たり純利益が4.80ドル)と調査会社のThomsonReutersがまとめたアナリスト予測(売上高が244億ドル、利益が1株当たり5.38ドル)をそれぞれ上回る結果となりました。ただ粗利率は、38.5%となり、前年同期の40.9%を僅かに下回りました。

販売台数については、Mac、iPhone、iPadのそれぞれが四半期として過去最高となりました。Macの販売台数は413万台(前年同期比23%増)で、中でもノートパソコンのMacBook Proの販売が好調で、ノートパソコン全体の販売台数は前年同期比で34%伸びたとしています。

iPhoneの販売台数は、1624万台(前年同期比86%増)で大幅増となりました。2010年4月に発売され、日本でも大ヒットとなったiPadの販売台数は733万台(前期比75%増)でこちらも大幅増となりました。

逆に、iPodの販売台数は1945万台(前期比7%減)となり微減しました。

iTunes StoreやiPod関連サービスでの売り上げは14億3100万ドルとなりました。ちなみに、去年モデルチェンジされた、Apple TVの販売台数についてはなぜか非公表となっています。

続きを読む »

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

tag : アップル

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。