プロフィール

Author:mltr5827
相互リンク等も随時受付中です。基本的にはアダルトサイトや公序良俗に反するサイトでなければ、受け付けたいと思います。希望する場合はコメント欄かmltr5827○yahoo.co.jpを@に変えてメールして下さい。メールする場合はデスクトップパソコン最前線相互リンク申し込みという件名で送ってくれれば幸いです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2ブログランキング


ブログランキング


パソコンソフト関連リンク


リンク


By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ドスパラはビデオカードにNVIDIAの最上位モデルとなる、GeForce GTX 580とCPUにCorei7-980Xを標準搭載したゲーミングデスクトップパソコンの「Prime Galleria ZX-E Maelstrom」を発表し、 即日販売を開始しました。

同製品はケースにゲーミングデスクトップパソコンに求められる冷却性能と静音性を両立した、In Win製のATXフルタワーケース「Maelstrom」を採用したゲーミングデスクトップパソコンとなっています。デザインもゲーミングパソコンらしいデザインになっています。

もちろんスペックも、最新の3Dゲームを快適に高解像度で快適にプレイできるスペックを備えており、基本構成のスペックはCPUとしてCore i7-980X(動作クロック 3.46GHz、ターボブースト有効時で最大3.73GHz)、 ビデオカードとしてGeForce GTX 580を標準搭載し、メモリーはDDR3 12GB、ストレージはCrucial製の128GB SSDと2TBのHDDを搭載し、光学ドライブにはブルーレイディスクドライブ(ブルーレイディスクの読み書きにも対応)、OSにはWindows 7Professional 64Bit版を搭載します。

また、電源ユニットにはDELTA ELECTRONICS製の80PLUS認証取得した、750W静音電源を採用しています。

もちろん、前述した基本構成のカスタマイズも可能です。


参考リンク: ドスパラ、 Core i7-980X搭載のゲーミングPCなど2製品

ドスパラ製品情報

スポンサーサイト

テーマ : デスクトップパソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : ドスパラ GeForceGTX580

 マウスコンピューターはビデオカードにNVIDIAの新型ミドルレンジGPUのGeForce GTX 560Tiを標準搭載した「MDV ADVANCE」シリーズの「MDV-AGG9220Bicon 」 とゲーマー向けブランドのG-Tuneブランドモデルのゲーミングパソコン「NEXTGEAR」 シリーズの「NEXTGEAR i810SA2」のデスクトップパソコン2機種を発表し、即日販売を開始しました。

ケースには、どちらもATXミドルタワーケースを採用しており、MDV ADVANCEシリーズには、ビデオカードの落下や脱落を防止するVGAサポートバーや効率の良いエアフローを確保する為に、サイドパネルに629個のエアホールを設けた新型ケースを採用しています。

両者の主な基本スペックは、MDV-AGG9220BはCPUとしてCore i7-950(3.06GHz)を標準搭載しており、ビデオカードにGeForce GTX 560 Tiを装備し、メモリーはDDR3 6GB、HDDは1TB、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを標準搭載します。OSはWindows 7 Home Premium64Bit版を搭載しています。

NEXTGEAR i810SA2はCPUとしてCore i7-950(3.06GHz)、ビデオカードにGeForce GTX560 Tiを装備し、メモリーはDDR3 12GB、HDDは1TB(2月28日まで1.5TBに無償アップグレードキャンペーン実施中)、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載しています。OSはWindows 7 Home Premium64Bit版を搭載しています。

基本構成価格はMDV-AGG9220Bが10万9830円、NEXTGEAR i810SA2が11万9700円となっています。もちろんBTOカスタマイズにも対応しています。


参考リンク: マウスコンピューター、 デスクトップ「MDV ADVANCE」にGeForce GTX 560 Ti搭載モデル追加

マウスコンピューター製品情報(MDV-AGG9220B)

マウスコンピューター製品情報(NEXTGEARi810SA2)

テーマ : デスクトップパソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : マウスコンピューター GeForceGTX560Ti

 ドスパラはマザーボードにIntel P55チップセットを搭載したデスクトップパソコン2機種「Prime GalleriaWG」と「Prime Galleria WF」を発表し、即日販売を開始しました。

両モデルともケースにミドルタワー型のPCケースを採用しており、拡張性にも優れています。

標準構成のスペックはCPUには、"旧世代"のCore i7 870(動作クロック 2.93GHz、ターボブースト有効時で3.60GHz)、ビデオカードにPrime Galleria WGはNVIDIA GeForceGTS450、Prime Galleria WFはNVIDIA GeForce GTX460を搭載します。メモリーは4GB、HDDはPrime Galleria WGが1TB/Prime Galleria WFが1.5TB、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブ、OSはWindows 7 Home Premiumを搭載しており、ハードディスクとビデオカード以外はほぼ基本構成スペックは共通しています。

もちろん共に、BTOカスタマイズに対応しており、標準構成価格はそれそれPrime Galleria WGが8万7980円、Prime Galleria WFが9万3980円となっています。

今この時期に、Intel P55チップセットを搭載したマザーボードとCPUにCore i7870を組み合わせたモデルを発売するのは、インテルから発表された、 P67/H67チップセットの不具合の問題とまったく無関係という訳ではないでしょう。P67/H67チップセットとマザーボードの販売が中止された事で、事実上"SandyBridge"こと第2世代のCoreiシリーズを搭載したパソコンの販売ができなくなったので、その代替措置ではないかと個人的には思います。


参考リンク: ドスパラ、デスクトップPC「Prime Galleria」にCore i7-870モデル2製品を追加

ドスパラ製品情報(Prime Galleria WG)

ドスパラ製品情報(Prime Galleria WF)

 


 

関連記事

ドスパラ、NVIDIAの新エントリー向けGPUのGeForce GT 440搭載したモデルを発表

テーマ : デスクトップパソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : ドスパラ

 パソコンショップドスパラを運営するサードウェーブは、先日NVIDIAから発表された新エントリー向けGPUのGeForceGT 440を搭載したデスクトップパソコン3機種「Prime Monarch LE」「Prime Monarch ZE」 「Prime Galleria JJ」を発表し、 即日販売を開始しました。

同製品には、ビデオカードに新エントリー向けGPUのGeForce GT 440が標準搭載されている他、PrimeMonarch LE/Prime Galleria JJはCore i3-550を、Prime Monarch ZEはCorei7-950を標準搭載しています。ケースはPrime Galleria JJのみ幅14cmのコンパクトケースになりますが、Prime Monarch LEとPrime Monarch ZEはミドルタワー型のPCケースを採用しています。その他の仕様はほぼ共通で、メモリーは4GB/Prime Monarch ZEのみ6GB、HDDは1TB、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを標準搭載します。

もちろん構成のカスタマイズも可能となっており、価格は標準構成時でPrime MonarchLE(OS非搭載時)が4万6980円、Prime Monarch ZE(OS非搭載時)が7万9980円、PrimeGalleria JJ(Windwows 7 Home Premium導入時)が5万9980円となっています。


参考リンク: ドスパラ製品情報(Prime Monarch LE)

ドスパラ製品情報(Prime Monarch ZE)

ドスパラ製品情報(Prime Galleria JJ)

テーマ : デスクトップパソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : ドスパラ GeForceGT440

 ドスパラは絵の素人でもマンガが簡単に描けるマンガ製作ソフト「コミPo!」推奨のデスクトップパソコン2機種「PrimeRaytrek debut ! コミPo! 推奨モデル」と「Prime Raytrek debut ! コミPo!推奨コンパクトモデル」とノートパソコン1機種、「Prime Note Raytrek debut ! コミPo! 推奨モデル」を発売しました。いずれのモデルもカスタマイズによるカスタマイズに対応しています。

デスクトップパソコン2機種ミニタワーの「Prime Raytrek debut ! コミPo! 推奨モデル」とコンパクトケースを採用した「Prime Raytrek debut ! コミPo! 推奨コンパクトモデル」の基本スペックは、CPUとしてそれぞれ「Prime Raytrek debut ! コミPo! 推奨モデル」がCore i5-2400、「PrimeRaytrek debut ! コミPo! 推奨コンパクトモデル」がCorei3-550を標準装備する以外は基本スペックはほぼ共通で、メモリは4GB、HDDは500GBを内蔵、OSはWindows 7Home Premium 64ビット版を搭載しています。

ノートパソコンモデルのPrime Note Raytrek debut ! コミPo! 推奨モデルは、1920×1080ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を搭載し、CPUはCore i5-560MをビデオカードにはGeForceGT 420M、メモリーは4GB、HDDは500GB、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載し、OSはWindows 7Home Premium 64ビット版を搭載します。

価格は「Prime Raytrek debut ! コミPo! 推奨モデル」が5万7980円、「Prime Raytrekdebut ! コミPo! 推奨コンパクトモデル」が5万2800円、ノートパソコンの「Prime Note Raytrekdebut ! コミPo! 推奨モデル」が7万9980円からとなっています。

続きを読む »

テーマ : デスクトップパソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : ドスパラ コミPo

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。